読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に生きよう(生きたい)

不安障害.パニック障害.親の介護.

はじめてのパニック発作

バイト生活にも慣れ、減薬をしていくことにしました。最初はレキソタンを徐々に減らし、やがてレキソタンなしでも大丈夫になりました。次にセディールもなくなり、最後はデプロメールを1日朝25mgだけとなりました。減薬開始から半年位です。
薬が減って喜んでいた矢先、ちょうどバイト生活3年目の夏頃です。身内の通院の付き添いで行った病院でのこと。

先生に診察してもらっている時(僕じゃないですよ)、なんというか、カーっと体が熱くなり、吐き気と動悸、冷や汗、目眩、口の渇き、過呼吸、もうこの部屋から出られない(診察中なので)というものすごい焦りも起こりました。
後に自分の主治医に話したところ、パニック発作というみたいです。

これね、本当に地獄。

経験したことがある方はわかると思いますが、辛すぎ。

当時は身内の検査入院とか、ほかにもストレスがありました。
やっぱり、デプロメールとかセディールレキソタンは効いてましたね。
服用中はそんなこと1度もありませんでしたから。

発作はその1回ではありませんでした。バイト先で、「あの発作がでたらどうしよう」という焦りから、本当に発作がきました。初めての発作から1週間後のことです。もうバイトもできないのかと、当日は本当に落ち込みました。。


2回の発作経験後、すぐに主治医のもとへ。薬の量を元に戻すことに。
朝:デプロメール75mg セディール10mg  レキソタン2mg 昼:レキソタン2mg 夕:デプロメール75mg セディール10mg レキソタン2mg 頓服:レキソタン1mg 寝る前:ロヒプノール


その後、パニック障害や発作を調べました。また、予期不安にかられる日々。

白髪が増え、外出も億劫になりました。

やっぱり髪とストレスは関係ありますね。